東京マラソン 2009

2009年4月19日 (日)

東京マラソン2009 を振り返る 了

いやーー
フルマラソン走っちゃいました…

途中歩いたけど。

6時間切れるとは思ってなかったのでびっくりです。

と、同時に
なんだやればできるじゃん
という気持ちも。
やるじゃん俺(ちょっと天狗)

なんか苦しかった記憶なんてほとんどなくて
楽しかったー!!って思い出がいっぱいです。
苦しかったところは、ブログを書くにあたって
記憶の片隅から無理矢理引っ張りだしてきたようなもんです。

楽しかった事や嬉しかったことはもういくらでも出てきます。
大学の応援団とチアの人達とハイタッチしたり
往路で飴をもらった人に、復路でもまた飴をもらったり
(題名忘れたけど)ヒットソングを歌って応援してくれる人達に手を振って答えたり
小さな太鼓を叩いて応援してくれている人の太鼓を走り抜けながらポンと叩くと笑ってくれたり
雨の中、ゴール地点で食べ物を配ってくれるボランティアの人に「初マラソン、無事ゴールしました!」と言うと「わーおめでとうございます!」と言ってくれたり
「まだまだ走れそうですねー」って言ってくれたり
着替えるところでストレッチしてると、母と兄と従妹から「完走おめでとう!」メールがたてつづけに入ったり、
「最後予想より速かったから豊洲間に合わなかったよー」といいながら西神田町会の人がビッグサイトまで迎えに来てくれたり

あーきりがない!

僕にとっては
走る喜びを感じるというよりは
走りながら沢山の人と交流する喜びを実感した
夢のような時間でした。

簡単に言ってしまえば、ただ走ってるだけなんですが
ただ走ってるだけで済まさない人間の知恵といいますか
楽しむ気持ちさえあれば何だって楽しめるはず
みんながそう思えばこんなに素敵なお祭りになるんだ
人の力ってすごいなー
つくづく思います。
何かきっかけがあれば、もっと多くの人が楽しむことも出来るんだろうなーと思ったりもして。

翌日からもうすっかり、
夢から「現実」へと戻ったわけですが、

やっぱりあの夢をもう一度見たい!
もう一度走りたーい!
また来年応募しよーっと。
Finish
FINISHゲートを振り返って、記念に1枚。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

東京マラソン2009 を振り返る ゴール

佃大橋に入る前に
残りの距離を考えてみると、
あと約6kmです。
え?あと6kmしかないの?
もうすぐおわっちゃうじゃ〜ん。
と、違う意味で若干あせり、走り出すのだが
目の前の橋の上り具合を見て、
いや、ここは歩いておくか、
と、いろいろ葛藤する。

周りはほとんど歩いています。
ゴールを目指して必死に歩いているのが伝わってきます。
上り坂は足音しか聞こえません。
歩道がないので沿道の声援が聞こえないのです。
ずーっと声援を受けて走ってきたので
なんかものすごく寂しくなります。

声援が少なくなるとは聞いていたけど、
数メートルおきにいるボランティアの人以外
沿道の人は全くいません。
声援がないってこんなにも心細いんだー。
まるで親とはぐれた子供のようです。

坂を上りきると…

いた!

歩道に人がいます!
よかったー…
嬉しくなって走り出し、
またハイタッチしに行きます。
「よくここまで頑張ったね」ていうのと
「あともう少しだよ」ていうのが一緒になったような笑顔でハイタッチしてくれます。
「あと5キロしかないよ!」ていう声援も聞こえます。

あーもう終わってしまうんだ、
もっと走っていたーい。
まるで、
旅行の帰る前日のような寂しさを感じながら走ります。
当初はもう一回ウオーキング入れる予定だったけど
それはやめ!
だって元気なんだもん。
歩いてなんかいられるかもったいない。
まわりはほとんど歩いているのでごぼう抜きです。へっへー。

こんなんでいいのかな?
もっとヘトヘトなはずなのに…
もっと力を出し尽くしてゴールしたかったのにー…
なんて思ったりもして。

でも、もう泣いても笑ってもあと5キロ。
だったら最後は思いっきり楽しもう。
ハイタッチしまくってやるぜ!
手を出している人はもちろん、
手を出してなくても、
ノリの良さそうな人には手を挙げて向かっていきます。
もうね、ハイタッチしてくれそうな人は大体わかりますよ35キロも走れば。

景色はほとんど見ませんでした。
沿道の人達の笑顔を少しでも見ていたくて。
笑顔はほんとに力になります。
反対側の歩道でロッキーのテーマソングを流している人がいました。思いっきり手を振ります。
「エイドリア〜ン!」
とは言わなかったけど。

春海橋を過ぎると38km。
最後の給食です。
なんかもうお腹もすきません。
それでもアンパン2個もらっときます。

写真撮影ポイントでアンパンかじりながらポーズ。
しっかり写ってました。

あーもうあと3キロです。
どうしようすっごい元気なんですけど…
ハイタッチしなければ!
40kmのあたりだったかなー道路も広くて、
ランナーは大体真ん中を走ってましたが、
ひとりで歩道に寄っていき、例によって手を挙げると
ほとんどの人がハイタッチしてくれました!
50人くらい一気にハイタッチ!新記録です!
すごいすごい!
たまりませんねこの感じ!
僕はこの東京マラソンで誰よりもハイタッチしたと思うなー。
最多ハイタッチ賞は僕ですよきっと。
賞品はハイタッチした人の笑顔です!
…おっといいこと言っちゃいました。

ラスト2キロくらいでまた雨が降ってきました。
でもへっちゃらです。
俺は40キロ走ってきた男だぜ!
よくわかんない理屈だけど。
雨の中をごぼう抜きです。
俺ってかっこいー。
おっとナルシストはいってきました。
もうよくわかりません。
頭がボーッとしてきました。
夢の中で走ってるみたいです。
体が勝手に動いてます。
目が覚めたら前日だったってんじゃないだろーな。
そういえば豊洲のあたりで西神田町会の人がまた先回りしてるってメールがあったけど見なかったなー見落としたかな。
あーあと1キロだーもうすぐ終わってしまうー…
でもよく考えたら、40キロ以上走ってきたってことだよなー
これってすごいことじゃん1年前は1キロも走れなかったんだよ?よくやったよ。9月から始めて半年でなあ…
あああビックサイトだー
ついに来たぜここまで2本の足で
しかもまだ走れるんだぜどうよ
俺はまだまだ元気だぜどうよ
おーゴールゲートだー
来たぞ来たぞついに来たぞ
スタンド静かだなー雨降ってるからしょうがないか
ハイタッチしたいけどちょっと高すぎて無理だなまーいっか
なんかアナウンスしてるな有名人がゴールしたのかなー?
え?今5時間48分?速くない?

おーし来たー

よっしゃー!ゴールだー!!!
Finish

 

2個目のアンパンは握りしめたままでした…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

東京マラソン2009 を振り返る 15

30km関門に到着です。
制限時刻は14:00
今の時刻は13:28:47
貯金は31分。少しづつ増えてます。
よしよし。いい感じ。
計画通りにいってるのがうれしい。
ストレッチをして、また走り出す。
あと12km。
走ったことある距離ですよ。
これはいける!とますます確信する。
あと全部走っちゃおうかとも思う。

32kmの給食地点に到着!
バナナはいっぱいある!
最初の地点が空だったのが嘘みたい。
今度は2切れもらって、さらにアンパンも!
アンパンんめー!
やっぱり食事はこうでないとね。
ジェルすすってるだけじゃあ物足りません。
ガツガツ食べます。
さすがに走りながらアンパンはキツいので
食べてるときは歩きです。

沿道でコンソメスープ配ってる人もいましたよ。
うまかったー
甘いものばかり食べてたから余計に。
ごちそうさまでしたー。

そうこうしているうちに再び銀座が近づいてきました。
「もうすぐ写真撮影ポイント」の看板が見える。
実はコース中、いくつかのポイントでオフィシャルカメラマンがランナーを撮影しているのです。
そして撮った写真はオールスポーツコミュニティというサイトで見れちゃうのです。
すごーい。
そんなわけで、撮影ポイントがあるとわかれば必ずポーズを取っていました。
せっかく撮ってくれるんだからなんかしないとねー。
銀座では、ホナウドジャカレイのポーズをとりました。
といっても分かる人は少ないと思いますが。

和光の手前で34km地点、ウオーキング開始予定地点ですが、
銀座で大勢の人に注目されてる中で歩き出すのもアレですし、
もうちょっと走ることにする。
と言いつつ、
写真撮るためにちょっと立ち止まりましたけど…
Photo

そしてお次は歌舞伎座です。
やっぱり撮っとかないとねー。
Photo_2
まだ入ったことないから改装前に入りたいなー。
沿道に隈取りして歌舞伎衣装着た人がいました。
準備大変だっただろうなー。
おかげで元気になりましたよ!

って言ってる間に35km関門です。
制限時刻は14:42
今の時刻は14:07:58
貯金34分。もう余裕です。
あと7kmだし、このまま走ろうかとも思ったが、
若干左足が張ってきた感じになったので
やっぱり無理はせず、
ストレッチしてウオーキング。
ま、貯金もたっぷりあるし。

築地を抜けると最後の難関、
佃大橋からアップダウンが続きます。
レース前に自転車でコースの下見をしたのですが、
時間がなくてここからの下見は出来なかったんですよ。
なのでかなり不安でした。
いよいよ最後のチャレンジです!Yes, I can!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

東京マラソン2009 を振り返る 14

前方に、ボランティアの白と青の服が見えてきました。
ランナーが群がってます。
バナナがありそうだ!
「うおーバナナバナナ」
とほえる。(すごく小さな声で)

給食地点に辿り着くと、
ボランティアの皆さんが、
切ったバナナを差し出してくれました。
3切れもらって食べる。。。
うんめーー!!
バナナうめー!!
これがもし漫画だったら、
バックに薔薇の花と天使が舞っていることでしょう。
そして僕の目からは涙が…
(↑あほですね)

そしてスポーツドリンクを飲む。
水も飲む。
ふぅ落ち着いた。

さあもうすぐ浅草です。
浅草折り返しのあたりは、
コースに挟まれて陸の孤島になる
三角形の地点がありますが
その手前あたりに
人力車に乗ったテレビカメラがありました。
元気になったことだし
映りに行こうかと思うが、
ちょっと前のランナーをずっと追っていたため映れず。
ざんねん!

あー雷門だ!
雷門のちょうちんが見えました!
とりあえず写真撮っとこう。
Photo
あとから見ると逆光ですが、
まあ記念ですから。

人形焼きを配っている
という話でしたが
もう全然ないみたいでした。
遅いからしょうがないですね。

沿道の人はやっぱり多いですねー。
去年の夏に、浅草サンバカーニバルに出て
そのときも沿道の人がものすごくて
その中を練り歩くのがとても楽しかったのですが
やっぱり浅草の人達はお祭り好きなんですねー。
三社祭も行きますよー。

29km地点でストレッチをしてウオーキング。
歩いているうちに再び浅草橋駅に。
体育部長と青年部長夫妻が待っていてくれました。
またクッキーみたいなのをもらう。
ゼリー飲料もあり、せっかくの好意はすごい嬉しいのですが
荷物になりそうで遠慮しました。すみませんー。
「元気そうだなー」
「元気ですよ!ゴール行けます!」
と会話をかわす。

このとき彼らは、
ふらふらの僕を元気付けてやろう!
と思ってくれていたようで、
思いのほか元気な僕を見て若干拍子抜けだったらしい。
いやあ応援のおかげで元気になったんですよ。
実際、応援が全くなかったら絶対途中で挫折しますね今の僕の実力なら。
人は助け合って生きているんだなあと実感します。
僕も応援返ししないとなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

東京マラソン2009 を振り返る 13

23kmを過ぎると、日本橋の手前で右折です。
日本橋渡りたかったのになんで曲がっちゃうんでしょう。
東海道の出発点なのにー。
なんか理由があるんでしょうねー
その先の道が細いからかな。

次は茅場町で左折です。
銀座から浅草は、往復する道のりなので
復路には速いランナーがいっぱいです。

すると、

何と、

チェロが走っているではないですか!!

傑作だったのは、
弓が糸でぶらさがっていて、
走るたびに弓が弾いているように揺れていたことです。
うまい!

余裕がないと仮装ってできないですよねー。
見ている人も走っている人も楽しませてくれる
そんなサービス精神に脱帽です。

そう、祭りなんだから楽しまなくちゃ!
(なんか前にも書いたような…)

そして24km地点からウオーキング開始。
まだ続けて走れそうだけど無理はしない。
楽しみつつもそこは冷静に。
25km関門は13:16閉鎖
歩いて辿り着いた時刻は12:48:16
貯金は27分。お、ちょっと増えた!嬉しい!
少し元気になる。

26km地点の浅草橋駅前には
西神田町会の人が、先回りしているとメールがきてた。
西神田で僕を見送ったあとに移動してくれているようです。
どこだろうーと思っていると
「すーさんすーさん!」と左から声が。
おー!半纏を着た体育部長がいました!
差し入れにクッキーみたいなのをもらう。
道の右側には半纏を着た青年部長夫妻も!
思い切り手を振る。
やっぱり知っている人の応援は一番力になりますねー。
また元気になる。

さあーそして27km地点です!
2度目の給食地点です。
はたしてバナナはあるのか?
え?勿体ぶるなって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

東京マラソン2009 を振り返る 12

ようやく銀座に到着です!
沿道に人がいっぱいです!
でも、
買い物ついでに見て行こうという人が多かったんでしょうか。
それとも速い人たちの応援で満足したんでしょうか。
人数の割には静かです。
なんか物足りないなー

おっと少し欲が出過ぎたようです。
ハイタッチも差し入れも、皆さんのご好意であることを忘れていました…
限界に近づくと、どうもわがままになっていけませんね。

気を取り直して走ります。

銀座を過ぎて、
22km地点は最初の給食ポイントでした。
待ちに待った給食!
今年のバナナは栄養価が高いらしい。
空腹で動けなくなって棄権、なんて格好わるすぎる。
バナナを食べなければ!
「給食給食〜~」とうわごとのようにつぶやきながら
給食テーブルに向かいます。

が、

バナナがない!

ボランティアの人に
「なくなっちゃったー」
と言われてしまう…

おいおい勘弁してくれよ。
今年は6万本用意したんじゃなかったのかい?┐(´д`)┌ヤレヤレ

なんて文句を言っても、ないものはないので
文句は言わず、ウエストポーチからパワージェルを取り出す。
ほんと持ってきて良かったー。

教訓:備えあれば憂い無し

練習で試して効果を実感したパワージェルですが
かなり甘くて口に残るので、
スポーツドリンクと水で洗い流す。
そして、差し入れの飴を口に放り込む。
給食完了!

次の給食に期待しよう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

東京マラソン2009 を振り返る 11

18km地点でウオーキング開始!
風が強いので、カッパを手でおさえながら歩きます。

歩いていると、沿道で応援してくれる人に悪い気がして、
道路の真ん中寄りを歩く。
ウオーキング中はハイタッチも自粛。
あくまで体力回復に努めます。

雨は幸いにして止んでくれました。
若干暑いけどぬぐとウエストポーチに入らなそうなので
そのまま着ることにする。
どちらかというと、暑いのには強いほうじゃないかなあ。
剣道を長年やっていたからだろうか。
暑さはそれほど苦にならない。

19km地点にさしかかり、
ストレッチをして、
再び始動!
もうすぐ中間地点です。

また、日比谷にさしかかる。
沿道の応援がそれはもういっぱいです。
人の多さに若干照れる。

そして、やってきました中間地点!
やっぱりホッとします。
今まで想像もつかなかった距離を
もう想像できるのですから。
ここまでの距離をもう一回走るってことですよ。

他にもホッとした人はいたようで、
中央分離帯でストレッチをしている人が結構います。
僕も記念?にストレッチ。

このころになると、
沿道の人からもらった飴のストックがたまりはじめ、
常に飴をなめている状態です。
自家製のクッキーをくれた人もいました。
のど乾きそうだなーとちょっと思ったけど
食べたらおいしかった!
マラソン走ってるっていうだけで
見知らぬ人のためにクッキー焼いてくれるなんて
嬉しいじゃないですか。

ときどき、小さい子供も
飴とかチョコとかを手にもって
差し出してくれていました。
そんなときは迷わず近づいて
「ありがとー」と頂きます。

走るために差し入れもらうのか、
差し入れもらうために走っているのか
なんだかよくわからなくなってきましたが、
沿道の人の優しさにふれられた事、
これが東京マラソンに参加して得られた
一番大きな収穫といっていいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

東京マラソン2009 を振り返る 10

品川を折り返して、しばらくすると18km地点です。
すなわち、二度目のウオーキング開始予定地点。

もう少しだーと思いながら走っていると、
反対車線で心臓マッサージが行われていました。
そんな現場を見たのは初めてだったので
ショックを受けつつも、
少しでも今後の参考にと思い横目で見つつ通過。
避難訓練とかで、
あばらがおれるくらいちからをいれる
と何度も聞いていましたが、
本当にやっているのを見て、
そうか本当にやるんだなと実感しました。
貴重な体験でした。
あとからそれが松村邦洋だと知ったのですが、
無事に復活できて良かったですね。

そして、反対車線は制限時間ぎりぎりのランナーが
必死に走るというより歩いています。
最後尾の少し後ろには2台のバスがゆっくりせまっています。
関門に引っかかった人は乗らねばなりません。
体は限界に近づいても、心は折れていない彼らは必死に歩いています。
ボランティアの人が
「あれに乗らないようにねー」
とエールを送ってくれます。
僕も、「絶対に乗るもんか」とバスを睨みつけます。
15km通過タイムは2:17:24
関門時間は2:38:00
貯金はわずかに21分。
結構ドキドキです。
だからといってペースアップは出来ません。
そんなことしたら後半がいったいどうなるか…

沿道の応援も若干少なくなり、
ジリジリしながら走っているところに、
ついに雨!

ああきてしまった。
予報で覚悟していたものの、
実際に降り出すと結構ショックです。
ただでさえ、風の強い日だったので
ここで濡れると体温の低下が非常に心配です。
ウエストポーチから、前日にコンビニで買ったカッパを出す。
買っといてよかったー。
帽子もかぶっていたので、
雨が目に入ることもなく。
被害は最小限におさえられました。

ホントいろいろ準備していて良かった。
マラソンは当日走るだけじゃないんだと
強く実感した次第です。


コネタマ参加中: 東京マラソン、見た?走った? 感想を教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

東京マラソン2009 を振り返る 9

さーもうすぐ品川の折り返し地点です!
よくここまで来たなーと思う。
いやまだ半分以上あるけど。
ハイタッチの連続でテンション高くなってるんだけど
練習では20kmしか走ってないので
やっぱりいろいろ不安です。
10km手前でお腹すいちゃったし。

そんな不安をかかえながら走っていると
沿道で手を差し出している人が。
ハイタッチではありません。
何か袋を持っています。
そう!差し入れです!
飴の袋を差し出してくれていたのでした。

マラソンの栄養補給には飴は有効だ
という情報は知っていたのですが、
どうも口の中に入れっぱなしで走れるのかなー
という思いがあり準備しなかったのです。
が、事ここに至っては
何でも欲しい!
という状況です。
パワージェルも5kmごとに摂れるほどは持ってないし。

という事で迷わず頂きます。
走りながら口に放り込む。
うまい!
そして、エネルギーが体に沁み込むのを強く実感します。
飴やるじゃん!やるやるとは聞いてたけど、
これほどとは。
飴が口の中にあるだけで安心です。

以来、沿道の差し入れがあると必ずといっていいほど
もらってしまう僕でした。

飴をもらって元気になって、
さあ品川折り返し!
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

東京マラソン2009 を振り返る 8

10km過ぎたところで
計画通り、ウォーキングに変更。
まだ全然元気。膝も問題無し!
CW-Xは効くな~と改めて実感する。
でも今後に備えて、ストレッチも一応やる。
歩きだすと、当然いっぱい抜かされてあせるけど我慢。
42kmはまだまだ先です。
反対車線には、品川を折り返した速い人達が
どんどん通り過ぎて行きます。
先頭集団は速すぎて、というか僕が遅すぎて?見れなかった。
あのヅラランナーにも会えなかった。生で見たかったなー。

1km歩いて、ストレッチして、また走り出す。
しばらく走ってるとすごい太った人がいる。
誰かと思ったら松村邦洋だった。
まわりのみんなが、追い抜きながら
「頑張って!」と声をかけ、
彼はそれにいちいち答えていた。
僕も声をかけようかと一瞬思ったが
彼の息が非常に荒く、つらそうだったのでやめる。

もう少し行くと、今度は吉本の集団がいた。
沿道の声援にも答えていたが、
彼らもしんどそうだった。
芸人も大変ねー。

日比谷から品川のあたりは、
全体から見ると沿道の人は少なめでした。
とはいえ、いろんなところでイベントもあり、
イベント出演後に
半纏姿で応援してくれる子供たちもいたりして、
当然、彼らはテンション高いのでハイタッチ!
子供たちも嬉しそう。いいねー!

車道に入ってきて応援してる人もいましたね。
5,6人、はなから手を出して待ってます。
沿道に人が少ない地点だったから
注意されなかったんでしょうね。
いーんじゃない祭りなんだし。
当然みんなとハイタッチ!

15kmの給水地点がせまってきました。
給水テーブルは結構長く並んでいるのですが、
最初の方のテーブルは、速い人たちに飲み尽くされたようで
ボランティアの人達は、
テーブルを片付けて一列に並んでいます。
そしてみんな手を出しているのでもちろんハイタッチ!
20人くらい一気にハイタッチしたような気がするなー。
めっちゃ楽しい~!
女の子とハイタッチした時のほうがかなり少しだけ楽しかったことは内緒です。

この後も、給水地点では必ずハイタッチ行列があり、
心身ともにリフレッシュ出来たのでした。
もう、東京マラソンというよりハイタッチマラソンと呼びたいくらいです。

コネタマ参加中: 東京マラソン、見た?走った? 感想を教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)